hoken-manabu

設計販売の基礎

 第01問

文中の空欄に入る最も適切なものを選んでください。

次の計算式は、世帯主を勤労者である夫、配偶者(妻)は無収入の専業主婦とした場合の遺族生活資金の計算方法を表したものです。

【設定条件】
・夫死亡時(38 歳)の家族構成は、妻(37 歳)、子ども2人(5歳、4歳)とします。
・末子の大学卒業年齢は、22 歳とします。
・現在の月間生活費は、40 万円とします。
・家族の月間生活費は、現在の月間生活費の7割とします。
・妻の月間生活費は、現在の月間生活費の5割とします。

・平均余命表

年齢男性女性
50歳33年38年
51歳32年37年
52歳31年36年
年齢男性女性
53歳30年35年
54歳29年34年
55歳28年33年

(平成 30 年 簡易生命表より)

1.家族の生活資金=40万円×0.7×12カ月×(22歳-(1)歳)

2.妻の生活資金の計算
①妻の平均余命を求める。
・(2)歳+(22歳-(1)歳)=(3)歳
・(3)歳時の平均余命=(4)年
②妻の生活資金=40万円×0.5×12カ月×(4)年

3.遺族生活資金=(5)

語群

ア.4 イ.5 ウ.34 エ.35 オ.37 カ.38 キ.54 ク.55 ケ.家族の生活資金+妻の生活資金 コ.家族の生活資金-妻の生活資金